ダイエット方法・体験談・口コミ@解説ガイド

ダイエットの方法・体験談・口コミについて詳しくご紹介!


ボードを使って二の腕痩せ

今日の前半は、ほとんどがボードを使っての腕筋のダイエットのためです。
脚をそろえて水中に立ち、手のひらで、水に浮かんだボードを抑えます。
できれば、ボードの大きさは、体の体重に合わせましょう。なんといっても、
水の抵抗を相手にするのは、体重の助けが必要だもの。

さてそのボードを掛け声にあわせて水中へ押し込むのですがそれが始まりです。
このときもちろん、おなかには力を入れ、お尻も飛び出ないように。腕のひじ
は曲がらないように。 次に、ボードをつかんで、水中で左右に動かすのだけど、
決して、おなかとお尻の地価rを緩めてはならないそうな。特に、後ろに回す
ときにはできるだけ腰の後ろまでとのこと。これでウエストがくびれますよね。

次に、手のひらの下にあるボードを水中深く押し込みながら、 体はジャンプ
をするのです。ジャンプの着地は、必ず、指先からかかとまできちんとつける
ことが大事だそうで・・・。 かなり疲れたとき、先生の注意が・・・。 「腕に力を
入れるのは、ボードを押し込むときだけですよ。ボードが一人で水面に浮く
ときは、体全体の力を抜いて、楽になりましょう」

なるほどなぁ・・・。ボードを必死で抑え込んでいるものだから、体中がゴチゴチ
だったかも。力入れたり力抜いたりを ジャンプにあわせて、リズミカルにする
んですね。最後には、大分楽に出来るようにはなりました。 でも、このすべて
をほぼ20分続けた後には、 腕が動かないほど疲れました。二の腕の締まり具合
も楽しみですが、ボードを水中で動かすことって、 こんなに大変だったのですね。

ここだけはチェック!ダイエットのポイント!

ダイエットを希望する部分は、あなたはどこでしょう?どこであれ、その部分に、「お前は邪魔だ」って気づかせねばならないと、今日のプールでの特訓です。あっちこっちの余分なお肉に、お前は邪魔だと気づかせることが、ダイエットには必要なんだそうな。気づかせないと、居心地がよくて、いつまで経っても、余分なお肉は、外へ出て行ってくれないというのです。   「邪魔なお肉は?」のページへ